2019 京都新聞杯1着予想

京都新聞杯2019 1着予想

ロジャーバローズ

今走は馬なり調教で入念に調整され、最終追い切りは格上オープン馬のグローブシアターに0.7秒追走して0.1秒先着しています。
ひと追いごとに状態は良化しており、今走時も鋭い伸び脚で引き続き好調キープとみて良いでしょう。
前走は初重賞で相手のレベルも上がっているという点もありましたが、それにしても伸びはイマイチだった印象です。
距離延長はプラス材料ですし、福寿草特別で見せた力強い走りができれば可能性十分です。
ひと叩きして状態が上向いている今走は改めて期待したい一頭です。

京都新聞杯とは

京都競馬場で行われる芝2200mのレースです。

【全体傾向】

①人気の傾向
1・2番人気の馬多く馬券に絡んでおります。次いで、3・9番人気となります。

②産駒の傾向
近年では、ディープインパクト産駒が圧倒的です。
次いで、 ネオユニヴァース産駒、タニノギムレット産駒となります。

③枠の傾向
枠は中枠が有利です。
複勝率が高いのは、6枠が好成績です。次いで2・3枠が好成績となります。

④脚質の傾向
脚質では、差しが圧倒的です。
次いで先行となります。

【適性コース分析】

・京都2000m(未勝利・新馬)
・阪神1800m(未勝利・新馬)
・京都1800m(未勝利・新馬)
・札幌1800m(未勝利・新馬)
で馬券に絡んだ馬が中心です。

上記コースから、サトノラーゼン、アルバートドック、サウンズオブアース、ユニバーサルバンクなどが活躍しました。

【まとめ】

・ディープインパクト産駒中心。
・脚質が差し、枠は中枠を狙いましょう。
・京都2000m(未勝利・新馬)、阪神1800m(未勝利・新馬)、京都1800m(未勝利・新馬)、札幌1800m(未勝利・新馬)で
馬券に絡んだ馬に注意しましょう。