2019 金鯱賞1着予想

金鯱賞2019 1着予想

ペルシアンナイト

最終追い切りは引っ張りきりの手応えで、格下1600万クラスのシルヴァンシャーに1.7秒追走同入。
ラストも2週連続11秒台の時計を叩き出しており、山元トレセンで外厩仕上げから帰厩後は絶好の動きを見せています。
今走はプラス400mの距離延長ですが、2000mでは皐月賞(G1)2着、大阪杯(G1)2着とG1でも優秀な成績を残しています。
前走は香港で5着に敗れましたが、帰国後は状態も回復しており、一発目から力は出せそうですね。
昨年の覇者M.デムーロ騎手を鞍上に迎えて、好発進を期待したい一頭です。

金鯱賞とは

阪神競馬場で行われる芝1200mのレースです。

【全体傾向】

①人気の傾向
1から3人気は満遍なく絡んでいますが、他の人気薄も馬券に絡み高配当を出しています。

②産駒の傾向
ディープインパクト産駒が圧倒的です。

③枠の傾向
枠は、気にする必要はなさそうです。

④脚質の傾向
先行・差しが中心です。

【適性コース分析】

・日経賞
・小倉記念
・青葉賞
・菊花賞
・神戸新聞杯
で馬券に絡んだ馬が活躍しています。

2年連続で馬券に絡んだサトノノブレスや8人気で馬券に絡んだウインバリアシオンなどがいます。

【まとめ】

・穴馬の台頭あり。
・ディープインパクト産駒を買う。
・日経賞、小倉記念、青葉賞、菊花賞、神戸新聞杯で馬券に絡んだ馬に注意です。