2019 青葉賞1着予想

青葉賞2019 1着予想

ランフォザローゼス

今走も馬なり中心の調整で、最終追い切りで12本と入念に乗り込まれております。
一週前追い切りは自己ベストと同等の時計を叩き出しており、終いも12.5秒と鋭い伸び脚を見せています。
最終追い切りは軽めに流した程度ですが、ルメール騎手が騎乗して前走時よりも動きは良好です。
馬体も充実しており、仕上がりは万全とみて良いでしょう。
新馬戦以降勝ちはないものの、3戦走って連対率は100%で、前走の京成杯(G3)で2着に好走している点は評価できます。
能力は高い馬なので、態勢の整った今走は改めて期待したい一頭です。

青葉賞とは

東京競馬場で行われる芝2400mのレースです。

【全体傾向】

①人気の傾向
1番人気の馬が最も多く馬券に絡んでおり、次いで4・6番人気となります。

②産駒の傾向
近年では、ディープインパクト産駒が圧倒的です。
次いで、ゼンノロブロイ産駒となっております。

③枠の傾向
枠は中枠が有利です。
複勝率が高いのは、5枠が好成績です。7枠以外満遍なく好成績となります。

④脚質の傾向
脚質では、差しが圧倒的です。

【適性コース分析】

・中山2200m(500万下)
で馬券に絡んだ馬が中心です。

上記コースからショウナンラグーン、ヒラボクディープ、アポロソニックなど穴馬も活躍しております。

【まとめ】

・ディープインパクト産駒中心。
・脚質が差しの馬を狙いましょう。
・中山2200m(500万下)で馬券に絡んだ馬が中心です。