2019 弥生賞1着予想

弥生賞2019 1着予想

ラストドラフト

普段通り馬なり中心の調教で、3週連続併せ馬で調整されています。
前走時の疲れは全くなく、最終追い切りは自己ベストを更新し、さらに上積みを感じます。
折り合いもスムーズで、一杯に追われた1000万クラスの併走馬を圧倒。
太め感もなく引き続き仕上がりは良好と見て良いでしょう。
スタートは上手な馬で新馬戦同様に、前走の京成杯でも好スタートから良いポジションにつけています。
直線もしっかり伸びる馬で、京成杯では2着馬に1馬身以上差をつけて快勝しています。
今走は相手のレベルが上がりますが、ひと叩きして状態も上向いているので、特に押さえておきたい一頭です。

チューリップ賞2019 1着予想はこちら

チューリップ賞2019の記事はこちらをクリック

弥生賞とは

中山競馬場で行われる芝2000mのレースです。

【全体傾向】

①人気の傾向
1番人気・2番人気最も多く馬券に絡んでおります。
穴としては、7番人気が好成績です。

②産駒の傾向
近年では、ネオユニヴァース産駒、ディープインパクト産駒、キングカメハメハ産駒となります。

③枠の傾向
枠は中枠が高成績です。
複勝率が高いのは3枠。次いで、2枠、4枠となります。

④脚質の傾向
脚質では逃げ、追込の成績は悪く、先行、差しが好成績です。

【適性コース分析】

・東京1800m
で馬券に絡んだ馬が中心です。

弥生賞で頑張ったプレイは、東京1800mで2回馬券に絡んでいました。

【まとめ】

・ネオユニヴァース産駒、ディープインパクト産駒、キングカメハメハ産駒中心。
・中枠かつ脚質は、先行、差し。
・東京1800mで馬券に絡んだ馬が狙い。