2019 ユニコーンステークス1着予想

ユニコーンステークス2019 1着予想

デュープロセス

普段通りプール調教で5月中旬から入念に乗り込まれております。
一週前追い切りでは栗東CWで一杯に追われて、82.5-66.3-51.7-37.6-11.5の好時計をマーク。
追われてからの反応は抜群で、終いは11秒台の猛時計でオープン馬の併走馬を圧倒しています。
最終追い切りは軽く流した程度の調整でしたが、軽快なフットワークで終いの伸び脚も良好です。
折り合いもスムーズで態勢は整ったとみて良いでしょう。
近走は力強いレース内容であっさり4連勝。
今走は昇級戦で相手のレベルは上がりますが、叩いて上積みも見込める今走は楽しみな一頭です。

函館スプリントステークス2019 1着予想はこちら

函館スプリントステークス2019の記事はこちらをクリック

ユニコーンステークスとは

東京競馬場で行われるダート1600mのレースです。

【全体傾向】

①人気の傾向
1〜3番人気が圧倒的に馬券に絡んでおります。
1〜3番人気のみで決まるか、1〜3番人気が2頭、6〜9番人気が1頭という結果が多いです。

②産駒の傾向
特徴はなくいが、ゴールドアリュール産駒、アグネスタキオン産駒が好成績です。

③枠の傾向
枠は、満遍なく好成績です。
複勝率が高いのは、7枠。次いで、6枠となります。

④脚質の傾向
脚質では、先行が好成績です。
次いで、差しとなります。追込は馬券に絡むが、勝率は低い。

【適性コース分析】

・東京ダート1600m(500万以下)
・東京ダート1400m(500万以下)
・中山ダート1800m(500万以下)
・京都ダート1800m(500万以下)
で馬券に絡んだ馬が中心となっております。

過去の事例では、
ノボバカラ、バンズームなど、
人気に左右されず押さえておくことが大切です。

【まとめ】

・1〜3番人気中心に狙いましょう。
・産駒は、ゴールドアリュール産駒、アグネスタキオン産駒に注意しましょう。
・枠は、6枠、7枠。
・脚質は、先行。
・東京ダート1600m(500万以下)、東京ダート1400m(500万以下)、中山ダート1800m(500万以下)、
京都ダート1800m(500万以下)で馬券に絡んだ馬に注意しましょう。