天皇賞春2018 想定騎手・オッズ

天皇賞春2018の見どころ

2017年はキタサンブラックが逃げ切り。
しかもレコードでの完勝でした。
絶対王者が引退して、今年はどんな競馬になるのか。

天皇賞春2018 想定騎手・オッズ

出走予定馬 想定騎手 単勝想定オッズ
クリンチャー 三浦 3.8倍
ガンコ 藤岡佑 4.1倍
シュヴァルグラン H・ボウマン 5.3倍
レインボーライン 岩田 6.2倍
アルバート C・ルメール 8.9倍
サトノクロニクル 川田 10.3倍
チェスナットコート 蛯名 13.8倍
スマートレイアー 四位 18.2倍
トーセンバジル M・デムーロ 25.9倍
ソールインパクト 福永 34.1倍
カレンミロティック 池添 42.7倍
シホウ 浜中 51.3倍
トミケンスラーヴァ 秋山 58.9倍
ミッキーロケット 和田竜 66.4倍
ヤマカツライデン 松山 73.5倍
トウシンモンステラ 藤岡康 86.3倍
ピンポン 宮崎北 102.8倍

注目馬ピックアップ

アルバート

ステイヤーズステークスは文句なしの完勝で3連覇。
長距離ではかなりの強さを見せており、
レースがスタミナ比べになれば敵う者はいないでしょう。
2017年もレコード決着の5着としており、ハマれば強い一頭です。

シュヴァルグラン

2年連続で天皇賞春では馬券に入っています。
ジャパンカップを制し、いよいよ日本最強の称号を手に入れる時。
コース適性抜群でスタミナも豊富。
キタサンブラック不在となれば、この馬にもチャンスはありそうです。

2018年4月25日現在(当たるちゃん調べ)