高松宮記念2018 想定騎手・オッズ

高松宮記念2018の見どころ

ここ2年は一発屋というかこの路線で続けて好走できない馬が優勝。
ビッグアーサー、セイウンコウセイはこのレース後GⅠ勝ちはなし。
その中でもこのレースで昨年3着して、スプリンターズステークス連覇したレッドファルクスが中心か。
徐々に勝ち進んでいる短距離馬も誕生してきてはいますが、
現状、GⅠ常連組のレッドファルクスやレッツゴードンキを負かせるレベルかは疑問です。

高松宮記念2018 想定騎手・オッズ

出走予定馬 想定騎手 単勝想定オッズ
レッドファルクス M・デムーロ 3.2倍
レッツゴードンキ 岩田 4.6倍
セイウンコウセイ 松田 7.3倍
ダイアナヘイロー 松山 10.4倍
ファインニードル 川田 12.8倍
レーヌミノル 未定 13.3倍
キングハート 北村宏 15.9倍
ナックビーナス 三浦 20.4倍
ブリザード ティータン 22.9倍
ネロ ミナリク 30.3倍
スノードラゴン 大野 36.8倍
ダンスディレクター 武豊 40.2倍
シャイニングレイ 北村友 49.4倍
ジューヌエコール 未定 58.7倍
ラインスピリット 72.1倍
ラインミーティア 西田 83.1倍
ノボバカラ 武藤 124.9倍
リエノテソーロ 吉田隼 138.5倍

注目馬ピックアップ

レッドファルクス

昨年は海外遠征後でしたが、能力で3着に。
スプリンターズステークスの完勝内容からもこの路線では絶対的存在。
マイルもこなしスタミナもあるスプリンターで、
馬場を問わず走れるタイプで、今年も主役となりそうです。

レッツゴードンキ

スプリングステークスでも2着としっかり結果を残しています。
短距離路線にしっかり対応するようになって強い競馬を見せている一頭です。
自在性があり、先行しても脚を溜めても競馬ができるため、
GⅠの大舞台でも中心にしやすい一頭です。

レーヌミノル

昨年は秋華賞を目指して距離を延長。
その後は、短距離にシフトしてマイルチャンピオンシップへ。
好メンバー揃う中、4着と距離短縮で桜花賞馬の力を証明しました。
本来のスピードを生かすためには、1200mの舞台はぴったりで、ここでも侮れない一頭です。

2018年3月15日現在(当たるちゃん調べ)