秋華賞2018 想定騎手・オッズ

秋華賞2018の見どころ

秋華賞は3歳牝馬三冠である桜花賞、オークスに続く最終戦です。
勝ち馬は3番人気が多く、1番人気に支持される馬がなかなか好走できていない。
また、前走勝利した馬が続けて好走することは多いですが、秋華賞を制すのは前走2着以下となった馬の巻き返しの方が多いです。
今年はアーモンドアイが桜花賞とオークスを制し牝馬2冠を達成。
果たして新種牡馬のロードカナロア産駒は、牝馬3冠をとることができるのか、注目の一戦となっています。

出走予定馬 想定騎手 単勝想定オッズ
アーモンドアイ ルメール 1.2倍
ラッキーライラック 石橋 3.2倍
リリーノーブル 川田 5.6倍
マウレア 8.3倍
サトノワルキューレ デムーロ 10.2倍
レッドサクヤ 福永 14.3倍
トーセンブレス 柴田善 23.7倍
サラキア 池添 30.5倍
レーヴドリーブ 戸崎 36.1倍
プリモシーン 戸崎 42.1倍
テトラドラクマ 田辺 48.3倍
リバティハイツ 北村友 67.2倍
オールフォーラヴ 和田竜 89.1倍
パイオニアバイオ 北村宏 104.2倍
カンタービレ 田辺 113.2倍

注目馬ピックアップ

アーモンドアイ

シンザン記念では後方から、楽に一気差しで牡馬を圧倒。
久々の桜花賞も、正攻法で抜け出したラッキーライラックを一瞬にして差し切り。
一転して、オークスでは馬場傾向に合わせて、ある程度の位置で競馬をするなど、
対応力もあり、現状欠点は見つからない。
同世代との決着は既に済んでおり、ここを叩いて古馬とどのようなレースをするか期待。

ラッキーライラック

2歳時には完成度の高さを活かし、女王の座に。
その後チューリップ賞でも全く危なげない走りを見せて完勝。
桜花賞でも敵なしかと思われましたが、後方で脚を溜めるアーモンドアイ抜き去られました。
オークスでも3着と能力の高さは示しており、夏の成長に期待です。

マウレア

阪神ジュベナイルフィリーズで3着に好走し、その後クラシック路線期待されましたが、
今年初戦のクイーンカップで5着に。
賞金加算できず、チューリップ賞を使うことになりましたが、
桜花賞、オークスともに5着と一定の能力は示しました。
アーモンドアイ逆転となると厳しいですが、春よりも着順を上げる可能性は十分ありますね。

2018年7月18日現在(当たるちゃん調べ)