競走馬の性別について

①牡馬〈ぼば〉

人間でいう男性のこと。
性別で分かれるレースもありますが、牡馬しか出れないレースというのはありません。

②牝馬〈ひんば〉

人間でいう女性のこと。
牡馬と違って牝馬限定戦というレースが存在します。
GⅠでは、阪神ジュベナイルフィリーズ・桜花賞・オークス・秋華賞・ヴィクトリアマイル・エリザベス女王杯が挙げられます。

③騸馬〈せんば〉

人間でいうオカマです。
去勢された牡馬に当たります。

競走馬は、速く走ることを目的に配合されているので、気性が激しい馬が多いです。
ただ、この気性がレースに悪い影響を及ぼし、馬本来の能力を発揮できないことがあります。
レースに集中できなかったり、レース前に力が入りすぎて、体力を消耗するなどが挙げられます。

 

そこで、気性の激しい馬の場合には、『去勢(生殖部切除)』を行い、気性を落ち着かせる必要があります。

 

過去の去勢成功例では、レガシーワールドが挙げられます。
2歳では、未勝利でしたが、去勢を行い3歳の夏に未勝利戦を勝ってから、ジャパンカップでの勝利を達成しました。
なんと次の年も去勢を行った、マーベラスクラウンがジャパンカップを勝利し、2年連続で騙馬の勝利となりました。

 

しかし、当然ですがどんなに活躍しても、子孫を残すことはできません。 そのため、日本競馬での良血馬の去勢は非常に少ないです。
一方、海外ではデビュー前から去勢する国もあり、特に香港やシンガポールのほとんどの牡馬は去勢されています。

 

また、騙馬が出走できないレースもありますので、注意が必要です。
出走表の性別欄も見ながら競馬を楽しんでみましょう!