皐月賞2018 想定騎手・オッズ

皐月賞2018の見どころ

4月15日(日)中山競馬場(芝2000m)

今年は、この世代にダノンプレミアムという大物が誕生。
デビューから4連勝で、先行して最速の上がりを繰り出し、好時計で走破する。
他の馬がどう走っても追いつけない能力を持っています。
DMMの話題馬が出走するなど注目度の高い一戦です。

皐月賞2018 出走予定馬・想定騎手

出走予定馬 想定騎手 単勝想定オッズ
ダノンプレミアム 川田 2.0倍
ワグネリアン 福永 3.5倍
ステルヴィオ ルメール 5.6倍
ジャンダルム 武豊 8.2倍
ジェネラーレウーノ 田辺 9.7倍
オウケンムーン 北村宏 12.5倍
キタノコマンドール 未定 13.9倍
タイムフライヤー 内田 20.8倍
エポカドーロ 未定 25.5倍
サトノソルタス 未定 27.4倍
グレイル 未定 36.8倍
マイネルファンロン 柴田大知 44.1倍
サンリヴァル 藤岡佑介 50.4倍
ケイティクレバー 浜中 58.1倍
アイトーン 国分恭介 71.3倍
ダブルシャープ 未定 82.2倍

注目馬ピックアップ

ダノンプレミアム

デビュー戦から4連勝で弥生賞まで来ました。
レースで見せる上がりタイムは最速を計測するなど、強い先行馬の代表的な走り。
弥生賞組との力差は証明しており、敵は他の路線組にありそうです。

キタノコマンドール

キャリアは浅く、デビューから2戦目ですみれステークスを勝利し、
このG1舞台へ進みました。
その権利を獲得したすみれステークスも新馬戦同様に鋭い脚を繰り出す競馬。
堅実にいい脚を使うだけに大崩れの無いタイプかもしれません。

ステルヴィオ

2歳時は重賞で連続2着と世代トップレベルの能力を示しました。
ただその前に立ちはだかるのがダノンプレミアム。
前走スプリングステークスで別路線から本番へ向かうことに。
ダノンプレミアムが居なければ、重賞2つはこの馬のものだっただけに、
本番での逆転は厳しい現状ですが、他馬には先着を許したくはないでしょう。

2018年4月1日現在(当たるちゃん調べ)