ローズステークス2018 1着予想

ローズステークス2018 1着予想

カンタービレ

調教では馬なり中心で、2週前追い切りでは一杯に追われたサトノワルキューレに食らいつき、ラストは抜群の伸びを見せ先着。

ひと追いごとに良化しており、最終追い切りで仕上がった様子です。

前走は距離が長かったが、芝1800mは2戦2勝!

阪神コースは初となりますが、血統的にも不安要素はなさそうです。

阪神芝1800mの距離成績ではルメール騎手とデムーロ騎手が好成績を残しており、両者とも勝率は25%を超え、実力馬に騎乗する今回は2頭の争いは必至でしょう。

セントライト記念2018 1着予想はこちら

セントライト記念2018の記事はこちらをクリック

ローズステークスとは

阪神競馬場で行われる芝1800mのレースです。

【全体傾向】

①人気の傾向
1人気は近年安定して馬券に絡んでいますが、トライアルでほとんどの有力馬が久々となる為、
1人気・2人気が馬券に絡めないこともあります。有力馬の仕上がりには要注意です。

②産駒の傾向
ディープインパクト産駒が圧倒的で、2012年からの5年間で4年勝ち馬がディープインパクト産駒です。

③枠の傾向
1枠・7枠が活躍しており、内・外関係なく勝負できます。

④脚質の傾向
基本は差し・追い込みで穴を開けるのは、逃げ馬です。
過去には、クロコスミアやリラヴァティが馬券に絡み高配当を演出しました。

【適性コース分析】

・オークス
・桜花賞
・クイーンC
で馬券に絡んだ馬が活躍しています。

基本的にはクラッシックで活躍してきた馬が中心です。
シンハライト、ヌーヴォレコルト、ジェンティルドンナなどがクラッシックから勝利を収めています。

【まとめ】

・有力馬は仕上がりを確認。
・ディープインパクト産駒買い。
・クラッシックで活躍した馬が中心。