2019 エリザベス女王杯1着予想

エリザベス女王杯2019 1着予想

クロノジェネシス

今走もいつも通りノーザンファームで外厩仕上げ。
帰厩後の動きも順調で、一週前追い切りでは栗東CWを馬なり調教で全体時計80秒を切る猛時計をマーク。

軽めに調整された最終追い切りでも抜群の行きっぷりで終い11.6秒の鋭い伸び脚を見せています。
格下の併走馬にもあっさり先着し、引き続き好調キープと考えて良いでしょう。

前走時は20kg馬体増の大きなパワーアップで、2着馬に2馬身差をつける圧勝!
今走はひと叩きしてさらに上積みが見込め、特に押さえておきたい一頭です。

福島記念2019 1着予想はこちら

福島記念2019の記事はこちらをクリック

エリザベス女王杯とは

京都競馬場で行われる芝2200mのレースです。

【全体傾向】

①人気の傾向
1人気はかなり安定して走っているレースですが、他が人気薄で高配当となっています。

②産駒の傾向
ディープインパクト産駒が圧倒的。

③枠の傾向
枠は1枠も8枠も馬券に絡んでおり、有利不利は考える必要はなさそうです。

④脚質の傾向
差し馬が中心です。

【適性コース分析】

圧倒的なのが、
・秋華賞
で馬券に絡んだ馬。

他では、
・エリザベス女王杯
・オークス
・ローズステークス
・マーメイドステークス
で馬券に絡んだ馬をチェックしましょう。

アパパネやラキシスなどのリピーターに加え、その年のクラッシックで活躍した3歳馬も好成績です。

【まとめ】

・ディープインパクト産駒を中心に。
・リピーターに注意。
・3歳馬は買い。
・秋華賞で馬券に絡んだ馬は買い。
・穴は、エリザベス女王杯、オークス、ローズステークス、マーメイドステークスで馬券に絡んだ馬から。