大阪杯2018 想定騎手・オッズ

大阪杯2018の見どころ

昨年からG1 に昇格した大阪杯ですが、初代王者はキタサンブラックに。
芝中距離以上は絶対的王者だったキタサンブラックが引退して、
いよいよ次の世代が登場という構図になってきました。
その中でも注目は2017年クラッシック世代。
秋は一気にGⅠ活躍馬が増え、総大将レイデオロもジャパンカップで2着とその強さを示しています。

大阪杯2018 想定騎手・オッズ

出走予定馬 想定騎手 単勝想定オッズ
スワーヴリチャード M・デムーロ 2.6倍
シュヴァルグラン 三浦 2.8倍
アルアイン 川田 3.8倍
サトノダイヤモンド 未定 4.6倍
ダンビュライト 未定 5.2倍
ミッキースワロー 横山 9.3倍
ペルシアンナイト 未定 10.7倍
ウインブライト 松岡 15.8倍
ヤマカツエース 池添 22.8倍
トリオンフ 未定 27.1倍
サクラアンプルール 蛯名 36.1倍
メートルダール 福永 45.9倍
マルターズアポジー 柴田善 70.3倍

注目馬ピックアップ

スワーヴリチャード

レイデオロとダービーで1・2着を争った実力馬。
昨年は春の疲れがなかなか取れず、アルゼンチン共和杯から始動。
夏の成長分がしっかりと出ておりこれから期待できる一頭です
距離は少し短い感じがするので、騎手の手腕も問われるでしょう。

シュヴァルグラン

昨年はジャパンカップを見事に制覇。
レイデオロや当時の現役最強馬キタサンブラックを凌いでの勝利。
激戦後の有馬記念でも3着と強い内容。
久々にはなりますが、能力は上位で三浦騎手との新コンビにも期待です。

サトノダイヤモンド

昨年は海外遠征があり、明けの初戦は心配されていました。
その金鯱賞はスローの中、しっかり追い込んで初戦としては順調な内容。
距離は2000m前後の馬で適性は良く、阪神コースも神戸新聞杯で完勝。
4歳世代は揃っていますが、まだまだ戦える馬です。

2018年3月17日現在(当たるちゃん調べ)