桜花賞2018 想定騎手・オッズ

桜花賞2018の見どころ

4月8日(日)阪神競馬場(芝1600m)

今年は阪神ジュベナイルフィリーズ組が揃ってチューリップ賞を独占。
この馬券に絡んだ3頭は世代トップと考えられますが、
その中でもラッキーライラックは群を抜いた存在ですが、
近年の桜花賞は人気所も不安なレースであるため過信禁物です。

桜花賞2018 出走予定馬・想定騎手

出走予定馬 想定騎手 単勝想定オッズ
ラッキーライラック 石橋 1.7倍
リリーノーブル 川田 2.4倍
アーモンドアイ ルメール 4.8倍
マウレア 武豊 5.5倍
プリモシーン 戸崎 8.1倍
レッドレグナント Mデムーロ 9.8倍
ハーレムライン 大野 12.4倍
レッドサクヤ 未定 17.2倍
アンコールプリュ 藤岡康太 21.7倍
リバティハイツ 北村友一 25.3倍
スカーレットカラー 岩田 30.5倍
トーセンブレス 柴田善 36.2倍
デルニエオール 池添 44.1倍
アンヴァル 藤岡佑 52.3倍
モルトアレグロ 田辺 56.4倍
アマルフィコースト 浜中 69.1倍
コーディエライト 和田 87.4倍
ツヅミモン 秋山 110.6倍

注目馬ピックアップ

ラッキーライラック

現在重賞3連勝とこの世代では抜けた存在。
G1阪神ジュベナイルフィリーズでも別格の競馬で、前哨戦チューリップ賞では、
G1で下した相手との力差がより広がっている内容でした。
女王として桜花賞、オークスはしっかり獲得したいところです。

アーモンドアイ

重賞シンザン記念では牡馬相手に完勝。
連勝と勢いに乗り、1600mでの牝馬らしい切れ味はG1でも十分通用するものです。
今回はルメール騎手とのコンビで上手く脚が溜まれば逆転もある一頭です。

リリーノーブル

中一週の短いローテーションの中挑んだ阪神ジュベナイルフィリーズでは、
いきなり2着に好走する素質の高さを見せました。
ただ前走チューリップ賞では、この馬自身も成長を感じさせていたものの、
上位先着2頭との成長度ではやや劣る走りで3着。
本番までにどの程度調子を上げてくるか注目です。

2018年4月1日現在(当たるちゃん調べ)