2019 オークス1着予想

オークス2019 1着予想

クロノジェネシス

前走は位置どりの悪さが影響し、直線ものすごい末脚を見せるものの3着まで。
脚質的に東京コースの方が向いておりますし、東京コースは2戦2勝の実績です。

前走後はノーザンファームしがらきで調整され、帰厩後は馬なり調教で軽快な動きを見せています。
一週前追い切りと最終追い切りは北村友一騎手が騎乗して、栗東CWで馬なり調教。
どちらも3歳500万クラスのサマーセントに約2秒追走して、しっかり先着しておりますし、最終追い切りは終い11.7秒の鋭い伸び脚を見せています。

折り合いもスムーズで仕上がりは万全とみて良いでしょう。
血統的にも父バゴは長距離馬ですし、距離延長は特に心配いらなそうです。
コース替わりもプラス材料で、デキ万全の今走は楽しみな一頭です。

オークスとは

東京競馬場で行われる芝2400mのレースです。

【全体傾向】

①人気の傾向
1番人気が最も多く馬券に絡んでおります。次いで、2番人気・5番人気となります。
10番人気以降の成績は悪いです。

②産駒の傾向
ディープインパクト産駒が圧倒的に好成績です。

③枠の傾向
枠では、中枠が好成績です。
複勝率が高いのは7枠となります。次いで好成績なのが、2枠、5枠となります。

④脚質の傾向
脚質では、差しが圧倒的に好成績です。

【適性コース分析】

・桜花賞
・フローラステークス
で馬券に絡んだ馬が中心となっております。

ブエナビスタやジェンティルドンナなど桜花賞で馬券に絡んで、オークスも制覇というパターンも見られます。

【まとめ】

・ディープインパクト産駒中心。
・脚質は差し。
・桜花賞、フローラステークスで馬券に絡んだ馬を狙いましょう。
・10番人気以降の馬の激走はあまり見込めません。