2019 新潟大賞典1着予想

新潟大賞典2019 1着予想

ロシュフォール

今走もノーザンファーム天栄で外厩仕上げ。
帰厩後は入念に調整され、最終追い切りで6本目の調教メニューを消化しています。
水曜追いは併せ馬で調教されており、最終追い切りは馬なり調教で、一杯に追われた1000万クラスの併走馬にあっさり先着。
前走叩いて状態は上向いており、デキは前走以上と考えて良いでしょう。
馬体も締まってきていますし、昇級戦でも楽しみな一頭です。
ラストはしっかり伸びる馬なので、直線の長い新潟コースもプラス材料です。

新潟大賞典とは

新潟競馬場で行われる芝2000mのレースです。

【全体傾向】

①人気の傾向
1〜6番人気の好走が多く、1番人気の勝率はあまり良くないです。
1〜5番人気が2頭で6番人気以降が1頭絡むようなケースが多いです。

②産駒の傾向
ディープインパクト産駒が最も多く馬券に絡んでおります。

③枠の傾向
枠は、中枠が好成績です。
複勝率が高いのは、3枠。次いで、2枠、5枠となります。

④脚質の傾向
脚質では、差しが好成績です。次いで、先行、追込となります。
逃げの成績は悪いです。

【適性コース分析】

・福島2000m(オープン)
・小倉大賞典
・福島記念
で馬券に絡んだ馬が中心となっております。

過去の事例では、
シャイニープリンス、メイショウカンパクなど、
人気に左右されず押さえておくことが大切です。

【まとめ】

・1〜6番人気の2頭を中心に、穴馬を絡ませて考えましょう。
・産駒は、ディープインパクト産駒を狙いましょう。
・枠は、2枠、3枠、5枠に注意しましょう。
・脚質は、差し。先行と追込にも注意。
・福島2000m(オープン)、小倉大賞典、福島記念で馬券に絡んだ馬に注意しましょう。