2019 京都牝馬ステークス1着予想

京都牝馬ステークス2019 1着予想

ミスパンテール

今走は2ヶ月間隔を空けて、入念に調教メニューをこなしています。
一週前追い切りでは一杯に追われて、50.5-36.7-24.0-12.2と前走時の時計を大きく上回る好時計を叩き出しています。
ビッシリやれているのは好印象で、最終追い切りは軽めの調整でも行きっぷりは良好で仕上がりば万全と考えていいでしょう。
距離はマイルくらいが合っていて、前走もターコイズステークスを快勝。
昨年同様ターコイズSからこのレースへの出走ですが、前走から落ち着きも出ていて状態は上向いています。
得意のコースで仕上がり万全の今走は、2連覇も十分濃厚でしょう。

ダイヤモンドステークス2019 1着予想はこちら

ダイヤモンドステークス2019の記事はこちらをクリック

京都牝馬ステークスとは

京都競馬場で行われる芝1400mのレースです。

【全体傾向】

①人気の傾向
1番人気が圧倒的に馬券に絡んでおります。次いで、2番人気となります。
1着は1番人気、2番人気が最も多く、注意しましょう。
5〜10番人気の穴馬の好走も多いです。

②産駒の傾向
ディープインパクト産駒、キングカメハメハ産駒が多く馬券に絡んでいるが、秀でた特徴はないです。

③枠の傾向
枠では中枠が有利です。
複勝率が高いのは6枠次いで5枠、7枠となります。

④脚質の傾向
脚質では差しが圧倒的に好成績です。
毎年差し馬は馬券に絡んでおります。

【適性コース分析】

・東京1600m(オープン)
・京都1800m(オープン)
で馬券に絡んだ馬が活躍しています。

2016年から1400mに短縮しましたが、マジックタイム、ウインプリメーラが馬券に絡んでおります。

過去の事例では、
ケイアイエレガント、ベストクルーズ、ノーブルジュエリーなど、人気に左右されず押さえておくことが大切です。

【まとめ】

・1番人気、2番人気の馬中心。
・枠は、中枠。
・脚質は差しの馬を狙いましょう。
・東京1600m(オープン)、京都1800m(オープン)で馬券に絡んだ馬に注意しましょう。