京都大賞典2018 1着予想

京都大賞典2018 1着予想

シュヴァルグラン

昨年の京都大賞典はスタート直後に不利を受けてのもので、消化不良に終わる形としても3着という結果は評価できる。
適性も問題なく、2400mは7戦走って一度も3着以内を外していません。
得意な距離での出走なら、かなり信頼度の高い馬と言えるでしょう。

調教では、最終追い切りで格下の併走馬に遅れた点は気になりますが、一週前追い切りでは抜群の反応を見せており、実力からしてもこのメンバーなら7,8割程度の仕上がりでも上位は必至でしょう。
今年で引退が決まっており、秋は昨年同様に京都大賞典から始動し、続いてジャパンカップ、有馬記念と残り3レースどんなレースを見せてくれるのか楽しみな一頭です。

毎日王冠2018 1着予想はこちら

毎日王冠2018の記事はこちらをクリック

サウジアラビアロイヤルカップ2018 1着予想はこちら

サウジアラビアロイヤルカップ2018の記事はこちらをクリック

京都大賞典とは

京都競馬場で行われる芝2400mのレースです。

【全体傾向】

①人気の傾向
近年は、1人気か2人気に穴馬が絡むような結果になっています。

②産駒の傾向
過去5年で見てもキングカメハメハ産駒2勝。
1人気ラブリーデイにもう一頭は11人気ヒットザターゲットで、キングカメハメハ産駒は人気に関係なく得意なコースです。

③枠の傾向
内枠も外枠も馬券に絡んでおり、有利不利はなさそうです。

④脚質の傾向
過去はアンコイルドやヒットザターゲットなど追い込み馬が一気に差し切る競馬が見られましたが、
近年は先行組が活躍しています。

【適性コース分析】

・菊花賞
・京都大賞典
・神戸新聞杯
で馬券に絡んだ馬が活躍しています。

2016年には、菊花賞勝ち馬キタサンブラックが1着。
2015年には、菊花賞2着のサウンズオブアースが2着。
2014年には、菊花賞3着のトーセンラーが3着。

過去には菊花賞馬のオウケンブルースリが4年連続馬券に絡みました。

【まとめ】

・1人気or2人気に人気薄の組み合わせ。
・キングカメハメハ産駒は買い。
・菊花賞、京都大賞典、神戸新聞杯で馬券に絡んだ馬は買い。
 特に菊花賞で馬券に絡んだ馬は積極的に買いたい。