2019 神戸新聞杯1着予想

神戸新聞杯2019 1着予想

ヴェロックス

前走は外を回されたにも関わらず、もの凄い勢いで1番人気のサートゥルナーリアをゴール寸前で差して3着を確保。
好枠に入れていれば上位2頭との差はありませんでした。
約4ヶ月ぶりとなる今走は、8月24日から調教を開始して10本もの調教メニューをこなしています。
ひと追い毎に状態は良化しており、一週前追い切りは栗東CWを一杯に追われ、82.7-65.9-50.7-37.0-11.7の好時計を叩き出しています。
併せた古馬3勝のジェシーを圧倒し、力強いフットワークを見せています。
最終追い切りでも強めにやれており、久々でも気配は良好です。
折り合いのついた調整で仕上がりは万全です。
阪神コースは相性も抜群で、重賞でも安定感はありますし、今走も自分のペースで走ることができれば楽しみな一頭です。

オールカマー2019 1着予想はこちら

オールカマー2019の記事はこちらをクリック

神戸新聞杯とは

阪神競馬場で行われる芝1200mのレースです。

【全体傾向】

①人気の傾向
基本的に1人気は馬券に絡んでおり、馬券構成の軸となります。
一方で6人気以降も馬券に絡んでおり、人気に穴馬の組み合わせが理想です。

②産駒の傾向
2015年、2016年と連続でゼンノロブロイ産駒とディープインパクト産駒が馬券に絡んでいます。

③枠の傾向
外枠も内枠も馬券に絡んでおり特に気にする必要はなさそうです。

④脚質の傾向
差し・追い込みが決まることが多いですが、2015年にはリアファルが逃げ切っています。

【適性コース分析】

・日本ダービー
・皐月賞
で馬券に絡んだ馬が活躍しています。

エピファネイア、サトノダイヤモンド、ワンアンドオンリーなど、ダービーで馬券に絡んだ馬は滅法強いです。

【まとめ】

・1人気の信用度は高い。
・ゼンノロブロイ産駒、ディープインパクト産駒買い。
・日本ダービー、皐月賞で馬券に絡んだが馬が中心。