菊花賞2018 想定騎手・オッズ

菊花賞2018の見どころ

3歳クラシック最終戦
菊花賞を制した馬は今後の古馬G1戦線でも活躍することが多く、過去にはキセキ、サトノダイヤモンド、キタサンブラックなどが該当します。
距離は3000mということでスタミナも必要となるレースで、馬体重480kg以上の馬体がしっかりした馬の好走率が高いです。

夏場に力をつけてきた馬が活躍するため、穴馬が割って入ることも多く、レースは比較的荒れる傾向にあります。

馬券に絡んだ穴馬も後の重賞で活躍を見せることが多く、今後の展望も含めて、見逃せない一戦です。

出走予定馬 想定騎手 単勝想定オッズ
ワグネリアン 福永 2.6倍
エポカドーロ 戸崎 3.2倍
コズミックフォース 石橋 6.3倍
エタリオウ 未定 10.3倍
ブラストワンピース 池添 12.3倍
メイショウテッコン 松山 14.5倍
フィエールマン 石橋 19.3倍
ジェネラーレウーノ 田辺 20.8倍
グレイル 岩田 27.3倍
オウケンムーン 北村宏 42.1倍
ステルヴィオ ルメール 50.6倍
ステイフーリッシュ 横山 56.8倍
タイムフライヤー 内田 70.3倍
キボウノダイチ 戸崎 115.3倍
スーパーフェザー 未定 125.8倍

注目馬ピックアップ

エポカドーロ

皐月賞ではジェネラレウーノが逃げる中、自分のペースを守り先行競馬。
楽な競馬内容であっさり勝利し、ダービーでも粘りこみ2着に健闘。
距離は未知数な部分があるが、それでも春は展開が向いたとはいえ強い内容。
この夏の成長次第では2冠目のチャンスがある一頭でしょう。
府中重視で、安田記念に向かい、ペースが異なる中3着に好走。

ブラストワンピース

春は成長途上で、毎日杯は能力で制するが、ダービーでは5着まで。
今後の成長が期待できる馬だけに、この結果でもむしろ好感が持てる。
この馬は距離延長でも長く脚を使えるタイプで上手く対応してきそうです。
精神面でも落ち着き、折り合いが付けば淀の3000mで本領発揮できるでしょう。

メイショウテッコン

白百合ステークスを逃げて勝利し、重賞へ。
ラジオNIKKEI賞では前に馬を置く競馬になりましたが、しっかり折り合い、
3番手から直線は速い上がりで差し切り、フィエールマンの猛追を凌ぎました。
マンハッタンカフェ産駒で長い距離は歓迎。
春のクラシックは間に合いませんでしたが、夏から成長したこの馬も、
距離延長で逆転のチャンスはありそうですよ。

2018年7月18日現在(当たるちゃん調べ)