2019 阪神牝馬ステークス1着予想

阪神牝馬ステークス2019 1着予想

カンタービレ

今走も馬なり中心に追われ、11本の調教メニューを消化。
一週前追い切りは長めに調整されており、力強いフットワークで500万クラスのロードマドリードに0.4秒追走して0.1秒先着。
最終追い切りはデムーロ騎手が実際に騎乗して、終いの伸び脚も抜群でした。
折り合いもスムーズで仕上がりは万全と見て良いでしょう。
前走は距離も長かったですが、古馬G1クラス相手に6着は優秀です。
距離短縮はプラス材料ですし、仕上がり万全の今走は改めて期待したい。

NZT2019 1着予想はこちら

NZT2019の記事はこちらをクリック

阪神牝馬ステークスとは

阪神競馬場で行われる芝1600mのレースです。

【全体傾向】

①人気の傾向
1番人気・3番人気の馬が多く馬券に絡んでおり、次いで、4・5・7番人気が好成績です。
穴馬は9番人気に注意しましょう。

②産駒の傾向
近年では、ディープインパクト産駒が好成績となります。

③枠の傾向
枠は3枠以外の中枠が好成績です。
複勝率が高いのは4枠。次いで2・5・6枠となります。
3枠はほぼ0です。

④脚質の傾向
脚質では逃げ以外の差しが有利です。次いで先行、追い込みとなります。

【適性コース分析】

・中山1600m(オープン)
・阪神1400m(500万下)
で馬券に絡んだ馬が中心です。

イチオクノホシ、スプリングサンダーなどが活躍しました。

【まとめ】

・ディープインパクト産駒中心。
・3枠以外の内枠。
・脚質は差しを狙いましょう。
・中山1600m(オープン)、阪神1400m(500万下)で馬券に絡んだ馬に注意しましょう。