フェブラリーステークス 最終追い切り

フェブラリーステークス 最終追い切り情報

2018年2月18日(日)東京競馬場 (ダート1600m)

出走予定注目馬

ゴールドドリーム

一週前追い切りでも良い動きをしていましたが、

引き続き最終追い切りでも素晴らしい動きを見せています。

特に最終追い切りでは、藤懸騎手騎乗で栗東坂路を1番時計。

今回は前走同様にプール調整を挟みつつ調整されており、

得意の東京コースでは、さらなるパフォーマンスを期待できるでしょう。

テイエムジンソク

昨年からしっかり成長しており、前走時にはベストタイムでG1へ。

今回の最終追い切りでは古川騎手が実際に感覚を確かめており、

いつも通り調子の良さが伺える動きです。

チャンピオンズカップではゴールドドリームに交わされましたが、

今回の追い切りではそれを意識してか徐々に早める追い切り。

1600mに短縮したことで、猛追を凌ぐ可能性もありそうです。

サンライズノヴァ

今回の最終追い切りでは1000万クラスの格下相手に、先行した距離を詰められています。

ただ時計自体は自身のベストタイムに近い動きをしており、

この馬なりに順調と考えて大丈夫でしょう。

前走は出走に向けて賞金加算が必要で、完璧に仕上げられており、

今回もその状態をそれなりにキープして挑む形になりそうで、

この馬なりに順調と考えて大丈夫でしょう。

ノンコノユメ

前走はベストタイムを更新する素晴らしい動き。

その追い切り通りレースでも全盛期の脚を感じさせる追い込みで復活。

今回は前走の状態をキープするような動きで、

軽めの調教が中心となっています。

少なからずもレコード決着を制した前走のダメージは考慮が必要で、

展開面など条件の付くタイプだけに、

やや心配な面もありますね。

ロンドンタウン

最終追い切りでは、500万クラスのラハチケレブを相手に3.3秒追走し同入。

格下相手ではありますが、かなり追走する形で追いつく走り。

帰国後調子を崩している印象でしたが、

今回の仕上がりとしては、一度外厩されたことで、

格段と良化しているようです。

問題は状態面よりも1600mへの対応となりそうで、

乗り方が非常に重要となりそうです。

ケイティブレイブ

最終追い切りでは、福永騎手が実際に騎乗して感覚を確かめています。

一週前追い切りの時点では、前走から間隔も短く、

動きとしては微妙な走りでしたが、

最終追い切りでは、本番に向けて一気に好時計を出し、

この馬のベストタイムに近い時計で走っています。

比較的長い距離を走っている馬だけに、

1600mで前走同様の競馬ができるかがポイントです。

レッツゴードンキ

一週前追い切りでは自身のベストタイムを更新する動きで、

十超な仕上がり具合を披露しておりました。

今回の最終追い切りでは、すでに強い追い切りを行っており、

状態を確認する程度の軽めの調整となりました。

好調キープで状態面は心配ないので、あとはダートの一級線相手に、

どれくらい通用するかですね。

追い切り(調教のポイント)

坂路調教

坂道になっているコースで調教を行います。

レースが行われる競馬場では、坂が設けられており、本番で坂を苦にしないためにも役立ちます。

①注意すべき坂路調教について

坂路コースは、豊富な運動量を得れ、スタミナ作りとしてはトップクラスです。

坂を登るパワーを付けることも目的ですが、馬券においての注意点は、坂路では体重減が可能ということです。

坂路調教により放牧後体重が絞れない馬の、重め解消の役割を果たします。

この役割を活用する危険なパターンとして、放牧後の調教で予定より太め残りの場合、 今までのレース前に坂路調教を行わないにも関わらず、レース直前に坂路を使うことがあります。

この場合は、太め残りと判断し、当日の馬体重には要注意です。

②常に坂路調教の馬はパワータイプと判断

日々の調教から坂路調教をこなす馬は、当然坂が得意と判断してOKです。

坂路以外での調教がメインの馬が、レースの坂道でふらふらしていても、坂路慣れしている馬はしっかり伸びることができます。

特に、最後の直線に大きな坂が設けられているのが、中山競馬場、阪神競馬場、中京競馬場です。

この競馬場では、坂路調教馬が強いです。


ウッドチップ調教

ダートのコース上にウッドチップを敷きつめているコースです。

木片がクッションとなり、ダートコースよりも脚への負担が少ないコースです。

基本的に、ウッドチップコースは、しっかり時計を出して、負荷をかけた調教を行うことができるコースです。

①ウッドチップから坂路変更はNG!

通常ウッドチップコースで調教を積んでいる馬が、急に坂路へ変更する場合は何かしらの理由があります。

坂のあるコースを対策するために使うなど、目的がファンにも明確であれば問題ありませんが、

坂路で馬なり調教などをしていたら、どこか馬に心配な点があると判断できます。

②調教タイムだけでの判断はNG

ウッドチップコースでは、負担が掛かりにくいため早い時計を出せます。

同一レース出走馬ならどうしても時計で判断したところ。

しかし、それだけで判断するのは危険です。

1週前追い切りで仕上げて、最終調整が理想とされていますが、レース直前の調教で早い時計を出して走りすぎると、調教がピークになってしまったり、馬の闘争心に火がついて、レースではどんどん前に行きたくなってしまい、騎手と折り合わなくなってしまうことがあります。

単純に時計で判断するのではなく、その過程にも注目してみましょう。


プール調教

脚へ負担をかけず全身運動を行えます。

体重が増えてしまった馬も減量や、休養明けの馬などで心肺機能を高くする目的で使用します。

また最近では精神面にリフレッシュ効果も図れるようです。

①プール調教馬は目的が重要

プール調教は、コース追いと比較して、馬への負荷は軽減されます。

怪我から復帰する場合や脚部が弱い馬などのリハビリ効果がメイン。

レースが近いのに、プール調教で、ゆったりとやっている場合は、レース本番でしっかり動けるのか注意が必要です。

また、この場合は体重が絞り切れていない場合が多いので、当日の馬体重もチェックしてみましょう。

②コース追いの後のプール調整はどうか

放牧から戻ってきて、しっかり乗りこまれた後に、プールを使う馬もいます。

ゲート難がある馬に、解消の為にプールを使ったりする場合もありますが、そのパターンは稀で、上記に挙げたように、体重が絞れない状況がほとんどです。

レース間近でのプールは要注意です。