エリザベス女王杯2018 想定騎手・オッズ

エリザベス女王杯2018の見どころ

最強牝馬決定戦
タイトルを獲得している馬と、獲得していない馬が交える一戦で、過去の傾向でも人気薄の好走率は高くなっている。
昨年は9番人気のクロコスミアが2着、2016年には12番人気のシングウィズジョイが2着するなど、今年も伏兵馬には注意したい。 基本的には若い牝馬が活躍していて、3歳馬と4歳馬が中心となります。
牝馬が目標とする秋の大舞台を制す馬はどの馬か。

出走予定馬 想定騎手 単勝想定オッズ
モズカッチャン デムーロ 2.8倍
ディアドラ ルメール 3.2倍
ラッキーライラック 石橋 3.5倍
リリーノーブル 川田 4.5倍
レッドサクヤ 福永 8.3倍
クロコスミア 岩田 10.2倍
アンドリエッテ 国分恭 12.5倍
マウレア 15.3倍
サトノワルキューレ デムーロ 22.0倍
ソウルスターリング 北村宏 31.3倍
カワキタエンカ 池添 40.3倍
エテルナミノル 四位 45.1倍
ソウルスターリング 北村宏 70.1倍
カワキタエンカ 池添 83.2倍
ミエノサクシード 川島 110.7倍

注目馬ピックアップ

ラッキーライラック

2歳時には完成度の高さを活かし、女王の座に。
その後チューリップ賞でも全く危なげない走りを見せて完勝。
桜花賞でも敵なしかと思われましたが、後方で脚を溜めるアーモンドアイ抜き去られました。
オークスでも3着と能力の高さは示しており、夏の成長に期待。
古馬相手でも十分能力は通用する一頭でしょう。

モズカッチャン

オークスで2着、秋華賞でも3着と世代でも能力を示していた一頭。
秋華賞後は古馬相手のエリザベス女王杯に向かい、
デムーロ騎手の好騎乗も光り、見事にG1制覇。
今年は京都記念を叩いた後、ドバイシーマクラシックへ。
6着には敗れたものの、世界トップクラスの馬との経験は生きるとでしょう。
札幌記念を叩いて、状態上がれば、連覇もある馬です。

ディアドラ

昨年は紫苑ステークスを制して、そのまま秋華賞も勝利。
エリザベス女王杯でもきたされましたが、全く伸びず。
オークスでも後方一気の4着となっているところを見ると、
距離は2000m程度までが射程圏内になりそうです。

2018年7月18日現在(当たるちゃん調べ)