2019 ダイヤモンドステークス1着予想

ダイヤモンドステークス2019 1着予想

ユーキャンスマイル

調教では2週連続で一杯に追われ、一週前追い切りは岩田騎手騎乗のもと終い11秒台の好時計をマーク。
最終追い切りは普段通り坂路コースで、格下の併走馬に楽々追走同入しており、引き続き状態は良さそうです。
ここ2戦は勝利こそないものの、3000mで3着、2着と好成績を残しています。
また、400m延長ですが、距離適性は問題ない。
叩いた今走は、4歳になって初重賞でも一発期待したい一頭です。

京都牝馬ステークス2019 1着予想はこちら

京都牝馬ステークス2019の記事はこちらをクリック

ダイヤモンドステークスとは

東京競馬場で行われる芝3400mのレースです。

【全体傾向】

①人気の傾向
1番人気、2番人気が多く馬券に絡んでおり、毎年どちらかが馬券に絡んでおります。
1着は人気薄が占めているが、穴馬の好走は多い。

②産駒の傾向
ハーツクライ産駒が最も馬券に絡んでおり、次にダンスインザダーク産駒、ディープインパクト産駒となります。
ハーツクライ産駒は5年連続3着以内に入っています。

③枠の傾向
枠では外枠が有利です。
複勝率が高いのは8枠。次いで4枠となります。

④脚質の傾向
脚質では、差しが圧倒的に好成績です。
毎年差し馬は馬券に絡んでおります。

【適性コース分析】

・アルゼンチン共和国杯
・ステイヤーズステークス
で馬券に絡んだ馬が活躍しています。

過去の事例では、
カムフィー、ファタモルガーナなど、人気に左右されず押さえておくことが大切です。

前走では負け続きでも、このレースで勝つ馬もいるので要注意です。
レーザーズエッジ、ケイアイドウソジン、ドリームフライトなど。

【まとめ】

・ハーツクライ産駒、ダンスインザダーク産駒中心。
・枠は、8枠。
・脚質は、差し。
・アルゼンチン共和国杯、ステイヤーズステークスで馬券に絡んだ馬を狙いましょう。
・前走負け続きの馬にも注意しましょう。