日本ダービー2018 想定騎手・オッズ

日本ダービー2018の見どころ

実力だけでなく運にも味方された馬が勝利するレースとなっています。
2016年のサトノダイヤモンドは道中落鉄など馬が強くても勝てないレースです。
日本ダービーに出走する3歳世代はどの馬も、狭き門をくぐり抜けた競走馬で、実力は十分伴っています。
昨年は1番人気〜3番人気で決着するなど、人気馬の好走率が高い傾向にあります。
特に1番人気は、過去10年で8回馬券に絡んでおり、今年もしっかりチェックしていきましょう。

日本ダービー2018 出走予定馬・想定騎手

出走予定馬 想定騎手 単勝想定オッズ
ダノンプレミアム 川田 2.8
キタノコマンドール M・デムーロ 3.6
ステルヴィオ ルメール 5.4
エポカドーロ 戸崎 6.9
ブラストワンピース 池添 9.2
ワグネリアン 福永 11.1
ジェネラーレウーノ 田辺 13.8
サンリヴァル 藤岡佑介 15.2
ゴーフォザサミット 蛯名 16.8
タイムフライヤー 内田 22.4
ステイフーリッシュ 藤岡佑介 25.7
グレイル 岩田 29.1
ジャンダルム 武豊 34.5
オウケンムーン 北村宏 40.3
エタリオウ 石橋 54.9
コズミックフォース 未定 62.1
アドマイヤアルバ 未定 79.1
テーオーエナジー 未定 93.3

出走予定馬診断

ダノンプレミアム 川田 

前走の弥生賞でワグネリアンを破る好走。

唯一の無傷の4連勝馬です。

なんどもレコード勝ちをしており、敵なし状態です。

今回は久々となり落ち着きが気になるため、距離延長で折り合いを欠くようなら注意が必要です。

ステルヴィオ ルメール 

昨年は重賞2戦を2着という結果。

今年は重賞でダノンプレミアムに阻まれましたが、別路線に進みスプリングステークスを圧勝。

ただ、皐月賞では前が有利な展開となりエポカドーロが快勝。

展開次第で同様なパターンありそうですが、能力はトップレベルなので押さえておきたい一頭です。

キタノコマンドール M・デムーロ 

皐月賞では追い込んできましたが、展開が向かず前までは届きませんでした。

ただデビューから2連勝は評価できる内容で、決して軽視できない一頭です。

特にすみれステークスでは、外から一気に伸びて圧勝し、脚が溜まると強いタイプです。

距離も問題なくパワーが必要とされる府中2400mの舞台に替わるのはプラス材料。

鞍上もデムーロ騎手で一発注意したい一頭ですね。

2018年5月16日現在(当たるちゃん調べ)