2019 セントウルステークス1着予想

セントウルステークス2019 1着予想

イベリス

一週前追い切りは栗東坂路で一杯に追われると、重馬場にも関わらず自己ベストと0.1秒しか差のない走りを見せています。
古馬2勝の併走馬も圧倒し、追われてからの反応も抜群です。
終い重点に追われた最終追い切りでは、ラスト11秒台の好時計をマーク。
一杯に追われたオープン馬のエポックに0.3秒追走して0.5秒先着しています。
折り合いもスムーズで仕上がりは万全と考えて良いでしょう。
前走はNHKマイルカップG1で16着に敗れましたが、初の東京コースと馬場傾向はあまりかみ合わず。
今走は斤量52kgで出走できますし、得意の阪神コースなら改めて期待したい一頭です。

京成杯オータムハンデキャップ2019 1着予想はこちら

京成杯オータムハンデキャップ2019の記事はこちらをクリック

紫苑ステークス2019 1着予想はこちら

紫苑ステークス2019の記事はこちらをクリック

セントウルステークスとは

阪神競馬場で行われる芝1200mのレースです。

【全体傾向】

①人気の傾向
1人気は近年安定して馬券に絡んでいますが、2016年にビッグアーサーが勝つまでは、2着続きでした。
1人気を軸に馬券を構成するのが良さそうです。

②産駒の傾向
産駒は様々で、産駒で取捨する必要はなさそうです。

③枠の傾向
枠は内外頑張っており、枠の有利不利はありません。

④脚質の傾向
好成績なのが、逃げ馬で人気の差し・追い込み馬を凌いで逃げるレースが多く見られます。

【適性コース分析】

・京都1200mオープン
で馬券に絡んだ馬が絶好調です。

ビッグアーサーはもちろん、エピセアロームやドリームバレンチノなどが好成績を残しました。

【まとめ】

・1人気は馬券の中心。
・穴は3歳馬。
・京都1200mオープンで馬券に絡んだ馬は重要視。
・逃げ馬は買い。