2019 葵ステークス1着予想

葵ステークス2019 1着予想

ディアンドル

調教では普段通り栗東坂路で馬なり中心に追われ、一週前追い切りは藤岡佑介騎手が騎乗して自己ベストを更新。

最終追い切りで7本目の調教メニューをこなし、乗り込み量も申し分ない。
軽快なフットワークで折り合いもついており、仕上がりは万全とみて良いでしょう。
右回りコースは4戦4勝!
全て1馬身以上突き放す圧勝で、初重賞となる今走も能力はメンバー上位でしょう。
約3ヶ月ぶりの出走となりますが、態勢の整った今走は押さえておきたい一頭です。

葵ステークスとは

京都競馬場で行われる芝1200mのレースです。

【全体傾向】

①人気の傾向
1番人気や2番人気などの人気馬ではなく、6番人気、9番人気、10番人気が活躍しています。
比較的波乱の多いレースなので注意が必要です。

②産駒の傾向
特に偏った傾向はありませんが、近年はマツリダゴッホ産駒、ダイワメジャー産駒が好成績です。

③枠の傾向
枠では、内枠が好成績です。
特に複勝率が高いのは3枠となります。

次いで好成績なのが、1枠、2枠となります。
まずは、1〜3枠を狙うのが良いでしょう。

④脚質の傾向
脚質では、逃げが圧倒的に好成績です。

【適性コース分析】

・紅梅ステークス
・小倉芝1200m
で馬券に絡んだ馬が圧倒的に好成績です。

2018年は9番人気のゴールドクイーン、6番人気のラブカンプーが馬券に絡んでいます。

【まとめ】

・6番人気、9番人気、10番人気に注意。
・脚質は逃げ。
・枠は内枠を狙いましょう。
・紅梅ステークス、小倉芝1200mで馬券に絡んだ馬に注意しましょう。